R2挨拶.jpg笑顔で暮らし続けられる京丹後へ

 皆様には、日頃よりご支持・ご支援を賜り、誠にありがとうございます。

 令和2年4月26日投開票の京丹後市議会議員選挙におきまして、3期目の議席を頂くことになりました。

 これまで市民の皆様より頂いたご意見やご相談を基に、産業・雇用、教育・福祉、消防・防災と様々なテーマで、一般質問をさせて頂きました。2期目前半は産業建設常任委員長、後半は議会改革特別委員長を拝命し、議会運営の一翼を担う機会を頂きました。所属する丹政会の会派代表として、先輩議員と共に新人議員の育成にも取り組み日々研鑽に取組んでいるところです。

 平成の時代が幕を閉じ、令和の新しい時代は、人口減少や超高齢社会への対応が重要な課題です。また、新型コロナウィルスの世界的な影響で先行きの見えない状態にあります。だからこそ、いま、全力で生活と地域を守り抜く、未来への挑戦が求められています。国が掲げるSociety5.0は、高齢化・地域格差・貧富の差などを解決し、一人ひとりが快適に暮らせる社会の実現が目的です。国・府・市が連携し、市民の力も借りながら、将来を見据えた政策を形成していく。誰もが、住み慣れた場所で、安心して健やかに、笑顔で暮らし続けられるまちづくりが大切です。

 そのために、自民党京丹後総支部幹事長として、これまで課題のあった国・府・市の政治レベルでの連携、その改善にも取組んできました。政治レベルの連携体制ができたことでインフラ整備などの財源確保が進み、長年の懸案であった道路整備にも目途がたってきました。都市部と結ぶ基幹軸、旧町それぞれを繋ぐ地域連携軸、合併前から進んでいなかったインフラを整え、誰もが住み慣れた場所で安心して暮らせる新しいまちづくりは、ようやくスタートラインにあります。

 私の目指す京丹後のビジョンと私のミッション・行動指針、持続可能なまちづくりのための7つの戦略を掲げ、本田太郎衆議院議員(京都第5選挙区)や森口とおる府議会議員(京丹後市)とも連携して、3期目も全力で取り組んで参ります。

 皆様のご支持・ご支援を賜ります様、改めてお願い申し上げます。

令和2年3月31日

目指す京丹後のビジョン

誰もが、安心して健やかに、笑顔で暮らし続けられる京丹後へ

ミッション

① 市民の声を求め、地域の課題を政策へ繋げる。

② まちのビジョンを共し、議会や議員活動を通じて実現する。

行動指針

① 市民の声を真摯に聴く姿勢

② 直接対話の重視

③ 定期的な情報提供

持続可能なまちづくりのための7つの戦略

1.    健やかに笑顔で暮らし続けられる地域づくり

2.    地域で育む、子育て・教育環境の充実

3.    地域を支える小規模企業の支援

4.    豊かな「食」を活かす産業の振興

5.    「ジオ」を活かした観光のまちづくり

6.    コミュニティ再生と地域を担うひとづくり

7.    地域を元気にする拠点と未来へ繋ぐインフラ整備

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 090-8200-4434

受付時間:平日
8:30〜20:30

FAX 0772-72-5243

受付時間
24時間受付